クレンジングゲルとメイク落としの違い、保湿効果

メイク落とし(クレンジング剤)は洗浄力が高く、ファンデーションや白粉(おしろい)を除去する為に用いる事が基本です。

安心安全のクレンジングゲル情報が揃っています。

化学物質やミネラルオイルを配合している製品は多いですが、それらを用いる事でしっかり汚れやメイクを落とす事が可能です。
しかし、洗浄力は優れていますが、保湿効果が弱い、もしくは全く保湿作用がない製品もありますから、敏感肌の人や乾燥肌の方は注意する必要性があります。



しかし、クレンジングゲルは大量の保湿成分や植物エキスを配合している様子が目立ちます。
通常のメイク落としには含まれていない有効成分も目立ち、肌荒れや刺激を受けない様に工夫して製造しているアイテムが明らかに多いです。

触感はオールインワンゲルに似ており、液体の様にこぼれてしまう事はないですから、比較的に使いやすいメリットがあります。
また、メイク落としは液体である事がほとんどであり、目に入ってしまう恐れがありますが、クレンジングゲルは固めの質感があり、おでこに乗せても液が垂れてくる可能性も滅多にないです。

様々な製品がありますが、美容成分が製品中に50%以上も含まれていれば、それは保湿効果が特化しています。



グリセリン、ベータカロテン、トレハロース、セラミド、コラーゲンといった美容成分がたくさん配合していれば、「スキンケアしながら汚れやメイクを落とせる」効果に期待ができます。

クレンジングゲルは乾燥肌や敏感肌に悩む人に使いやすいポイントがあります。